キャンプ道具

【2022年最新】CB缶シングルバーナーおすすめ10選

 

悩んでいる人
手軽に使えるCB缶のおすすめシングルバーナーを教えてほしい!

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

CB缶シングルバーナーおすすめ10選を紹介

 

この記事を書いた人

自己紹介

 

私は大人になってからキャンプを始めたのですが、キャンプを始めてからはその楽しさに目覚め、いわゆる「キャンプ道具沼」にはまり、今までキャンプ道具の購入に100万円以上のお金を捧げてきました(決して自慢できるものではありません・・)

今回ご紹介するシングルバーナーについても今まで様々なものを購入しました。

CB缶のシングルバーナーの特徴は何といってもカセットコンロよりもコンパクトで、100円ショップでも購入できるカセットガスボンベが使えること。

キャンプではただでさえ荷物が多くなりがちなため、コンパクトに収納できて燃料がどこでも手軽に手に入るCB缶のシングルバーナーが1つでもあればキャンプ場で大活躍します。

そこで今回はCB缶シングルバーナーおすすめ10選をご紹介します。

 

ソト(SOTO)
レギュレーターストーブ ST-310

使用時サイズ W166mm×D142mm×H110mm
収納時サイズ W140mm×D70mm×H110mm
重量 330g
最大発熱量 2,500kcal/h

おすすめのシングルバーナー1つめはソトのレギュレーターストーブ ST-310です。

マイクロレギュレーター搭載で外気温が低下しても安定した火力を保つことができます。

CB缶シングルバーナーの中でも屈指の人気を誇る商品で、Amazonではモノトーンの限定カラーも選べます。

 

ソト(SOTO)
レギュレーターストーブ ST-340

使用時サイズ W166mm×D142mm×H110mm
収納時サイズ W140mm×D70mm×H110mm
重量 360g
最大発熱量 2,800kcal/h

おすすめのシングルバーナー2つめはソトのレギュレーターストーブ ST-340です。

ST-310との違いは火口のサイズと発熱量がST-340の方が大きいため、中型~大型の調理器具と相性が良く、調理器具の底面を広範囲にムラなく加熱することができます。

価格はST-310より高めの設定となっています。

 

ソト(SOTO)
レギュレーターストーブ ST-330

使用時サイズ W350mm×D120mm×H90mm
収納時サイズ W150mm×D75mm×H90mm
重量 250g
最大発熱量 2,200kcal/h

おすすめのシングルバーナー3つめはソトのレギュレーターストーブ ST-330です。

ホースによりCB缶と分離させる仕組みのため、大型の調理器具を使用しても輻射熱でCB管が破裂する心配がありません。

また脚部と一体化された4点の五徳は安定感があり、安心して使用することができます。

 

ソト(SOTO)
Gストーブ ST-320

使用時サイズ W153mm×D195mm×H77mm
収納時サイズ W142mm×D78mm×H25mm
重量 380g
最大発熱量 1,800kcal/h

おすすめのシングルバーナー4つめはソトのGストーブ ST-320です。

斬新な構造とデザインが目を引くこちらの商品は収納時はBOOK型となり、25mmの超薄型でコンパクトに持ち運ぶことができます。

V字の2枚のガードが遮熱と風防の役割を果たし、安全で効率的に調理を行えます。

 

イワタニ
ジュニアコンパクトバーナー

使用時サイズ W155mm×D155mm×H127mm
収納時サイズ W82mm×D68mm×H109mm
重量 274g
最大発熱量 2,300kcal/h

おすすめのシングルバーナー5つめはイワタニのジュニアコンパクトバーナー CB-JCBです。

4本のゴトクが風防の役割も果たし、安定した火力を保つことができます。

CB缶シングルバーナーの中ではソトのレギュレーターストーブと並ぶ人気商品です。

 

FORE WINDS
マイクロ キャンプ ストーブ

使用時サイズ W109mm×D109mm×H122mm
収納時サイズ W71mm×D57mm×H120mm
重量 186g
最大発熱量 2,000kcal/h

おすすめのシングルバーナー6つめはFORE WINDSのマイクロ キャンプ ストーブ FW-MS01です。

フォアウィンズは1995年にイワタニが立ち上げたアウトドアブランドで、このマイクロキャンプストーブは「2021年度グッドデザイン賞」を受賞した商品です。

シンプルで魅力的なデザインもさることながら、今回紹介するシングルバーナーの中では最軽量の商品で、専用のEVAケースで軽量・コンパクトに持ち運ぶことができます。

 

ユニフレーム
セパレートバーナー

収納時サイズ W125mm×D130mm×H75mm
重量 450g
最大発熱量 2,400kcal/h

おすすめのシングルバーナー7つめはユニフレームのセパレートバーナー US-S 610077です。

こちらの商品はソトのレギュレーターストーブ ST-330と同様に、ホースによりCB缶と分離させる仕組みとなっています。

Φ5mmの4本ゴトクで安定して調理を行うことができます。

 

ユニフレーム
テーブルトップバーナー

使用時サイズ W200mm×D200mm×H90mm
重量 880g
最大発熱量 3,000kcal/h

おすすめのシングルバーナー8つめはユニフレームのテーブルトップバーナーです。

見た目通りの頑丈な作りで耐荷重が15kgもあるため、ダッチオーブンなどの重めの調理器具も使用することができます。

またユニフレームのプレミアムガスを使用すれば最大発熱量が3,000kcal/hと高火力を誇る商品です。

 

スノーピーク
HOME&CAMPバーナー

使用時サイズ W346mm×D301mm×H120mm
収納時サイズ W90mm×D120mm×H255mm
重量 1,400g
最大発熱量 2,100kcal/h

おすすめのシングルバーナー9つめはスノーピークのHOME&CAMPバーナー GS-600KHです。

革新的な構造でコンパクトに持ち運びができて、展開時には卓上用カセットコンロのような形状で使用することができます。

インテリアにもなじむおしゃれなデザインで、カラーも3色から選ぶことができます。

 

BEVA
シングルバーナー

収納時サイズ W140mm×D140mm×H100mm
重量 657g
最大発熱量 2,600kcal/h

おすすめのシングルバーナー10はBEVAのシングルバーナーです。

シングルバーナー・遮熱板・風よけ板・バーナーパットとセット内容が充実しています。

またそのセット内容の充実差に反してのコストパフォーマンスが魅力の商品です。

 

まとめ

まとめ

本記事ではCB缶シングルバーナーおすすめ10選を紹介しました。

ぜひ皆さんのシングルバーナー選びの参考にしてください。

今回は以上です。

  • この記事を書いた人

くろしば

キャンプとお酒大好き女子
趣味のキャンプの話を中心に
"シンプルに判りやすい記事"
をモットーに情報を発信していきます

-キャンプ道具